住宅ローンの借り換えとは

住宅を購入する場合、ほとんどの方は銀行などの住宅ローンを利用されると思います。住宅ローンは10年以上、時に2世代35年ローンなどもあり、長期にわたり利用するものです。明日のこともわからない昨今ですが、35年先などもっとわかりません。そのため過去に借りた住宅ローンの金利と低金利時代の現在とは大きく異なり、借り換えを検討されている方も少なくないでしょう。バブル期などに比べれば現在の住宅ローンは極めて低金利なので借り換えるメリットはありますが、住宅ローンの借り換えに際してはいくつかの注意点があります。第一の注意点は、金利差がどれだけあるかです。借り換えに際しては手数料や税金などもありますので、最低1%以上の金利差がなければ借り換えのメリットはありません。また住宅ローンの借り換えに関して、固定金利にするのか変動金利を選ぶのか、この点も重要な注意点です。低金利時代が続いている限り変動金利が有利ですが、一寸先は闇です。急にインフレになる場合もありますので、金利方法も見過ごせない注意点です。なお借り換えとは基本的に住宅ローン契約のやり直しです。そのため安定した収入があることも借り換え時の大切な注意点ですのでご確認ください。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_18316047_M
    AKB48と言えば握手会です。2月11日にも横浜で握手会が行われました。ちなみにシングルCDでは握手…
  2. pixta_16513349_M
    具体的かつ客観的なものは何か?統計などの数字かもしれません。しかし妻の収入が25万円増えたら…
  3. pixta_14260303_M
    お宅のトイレはどこにありますか。我が家は玄関の傍にあります。今まで住んだ家やアパート、友人宅などを考…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP