二世が多いのは…

政治の世界は実に二世が多い事に気付かされるでしょう。
政治家の事を調べれば調べるほど、二世が多い現実に気付かされるのですが、二世が多い事に憤慨する人もいるかもしれません。
ですが政治家は世襲制ではありません。江戸時代の大名であれば世襲制ですので批判されても仕方ないでしょう。
ですが政治家はなぜ政治家になれるのかと言えば、選挙で選挙権を持っている投票者たちから選ばれなければ政治家にはなれないのです。
つまりです。二世議員が多いという批判は、自分たちで選んでいるのですから仕方ないのです。
「自分は選んでいない」と言う人もいるでしょう。
ですが民主主義は多数決の原理なのですから、多数決たる選挙で選ばれている以上、二世議員の存在は特に非難されるものではないでしょう。
更に言えば、その根底には政治家を目指す人が少なくなっているという現実もあるでしょう。
そのため、二世の方が常日頃から父親である「政治家」の姿を見てきた分、興味を抱くようになるのではないでしょうか。
二世議員が嫌だというのであれば、選挙で投票しなければ良いだけです。
それでも議員になるのであれば、世間はその二世議員を認めているという事です。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_14260303_M
    お宅のトイレはどこにありますか。我が家は玄関の傍にあります。今まで住んだ家やアパート、友人宅などを考…
  2. pixta_13289720_M
    全国各地で秋真っ盛りとなっておりますし、21日から23日にかけては3連休という事もあって各地で賑わい…
  3. pixta_18904551_M
    「京都」という言葉から連想するものといえば、「古都」「観光地」「世界遺産」など、文化都市としての側面…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP