中小企業診断士について

こちらの取得方法も他の書士同様、国家試験に合格する事で取得する事が出来ます。
国家資格になりますので、当然ですが試験は一年に一度、さらには合格率も1割ほど。
かなり敷居の高い難関資格ではありますが、中小企業診断士の資格はかなりフレキシブルに活用する事が出来ます。
企業に対して、何が良いのかをアドバイスする事が出来ますので、中小企業診断士の資格を取得してからコンサルタントとして働いている人もいるようですし、講演会に出席していろんな生徒を持っている中小企業診断士もいるようです。
また、会社に勤めつつ中小企業診断士の資格を取得し、会社の中であれこれ相談役に回っているという中小企業診断士もいるようです。
このことからも解るように、中小企業診断士としてどのような活動を行うのかは個人の自由なのかもしれません。その点ではやりがいのあるお仕事とも言えるでしょう。
具体的にどのような事が行えるのか解らないと思っている人も多いでしょう。
ですが、それは中小企業診断士はいろんな形で仕事が行えるからでもあるのです。
それだけやり甲斐のあるお仕事と言う事でしょう。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. unspecified (1)
    1月4日、とあるテレビ番組にて「明智光秀はその後南光坊天海(以下、天海)になった」と、する都市伝説が…
  2. pixta_18904551_M
    「京都」という言葉から連想するものといえば、「古都」「観光地」「世界遺産」など、文化都市としての側面…
  3. imasia_13183555_M
    元旦は、何かの目標を決めるのに良い日です。もちろん何かをスタートする際、雑学にこじつけて日を選ぶ…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP