中国語がわかる

日本語にも共通の漢字が多い中国語。そんな中国語を学ぶ上で一番難しいと言われているのが、発音です。中国語には大きく分けて4種類の発音があり、この発音を間違えてしまうだけで、意味が全く別のものになってしまうのだそうです。つまり、中国語上達のカギは中国語の発音!と言っても過言では有りません。では、どんな風に中国語の発音を練習したら良いでしょう。よく語学CDなどで「聞いているだけで中国語が喋れるようにになっちゃった!」なんて広告が出されていますが、はっきり言って聞いているだけでは、語学は上達しません。人の耳は常に必要な情報にのみ傾けられるものですから、聞き流しているだけではただのノイズ、聞く事は慣れても理解する事、話す事にはつながりません。まずは、中国語の基礎発音をマスターして、語学CD中国語を母国語とする人の会話を注意深く聞く事です。聞いているうちに、自分の知らない単語が沢山有る事に気が付いて、勉強を重ねる事で語彙も沢山増えていきます。「基礎を理解して、注意深く聞く事」これが中国語上達の第一歩です。日本語を勉強している中国人の方も沢山いるので、中国人の友達を作る事で、さらに中国語は上達していくでしょう。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_14260303_M
    お宅のトイレはどこにありますか。我が家は玄関の傍にあります。今まで住んだ家やアパート、友人宅などを考…
  2. pixta_5773870_M
    日本の電車は分単位の過密ダイヤです。それでも時間に遅れない!世界から賞賛されています。と…
  3. unspecified (1)
    1月4日、とあるテレビ番組にて「明智光秀はその後南光坊天海(以下、天海)になった」と、する都市伝説が…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP