中古住宅購入について

マイホームを手に入れる方法は様々あります。もちろん理想は注文住宅でしょうが、新築の建売住宅やマンション購入も選択肢です。一方で中古住宅を購入する方法もあります。値段から考えると中古住宅購入が一番現実的かもしれません。しかし中古住宅は誰かが多少なりとも居住していた住宅であるため、購入に際してはいくつかの注意点があります。まず中古住宅購入時の注意点として先住者の居住における傷や痛み、住宅が本来持っている問題などを十分に調べることです。多くの場合壁などはリフォーム済みで目立った傷などはないでしょうが、購入後に見つけた傷などは買主の責任になりますのでご注意ください。また中古住宅購入時には柱の状態、床下などをチェックすることも注意点のひとつです。粗探しのつもりで調べるくらいの方が中古住宅購入の際には良いかもしれません。やはり購入後に「なんだこれは!」では困ります。もちろん瑕疵担保責任を問えるケースもありますが、泣き寝入りのケースもありますので、この問題は大切な中古住宅購入時の注意点です。なお中古住宅購入時には建蔽率や容積率などのチェックも大事な注意点です。購入後建て替えが思うようにできないケースがありますのでご注意ください。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. imasia_13183555_M
    元旦は、何かの目標を決めるのに良い日です。もちろん何かをスタートする際、雑学にこじつけて日を選ぶ…
  2. pixta_18790842_M
    11月14日、財形新聞の発表によると最も引っ越し回数が多いのは熊本県出身者との事ですが、引っ越しはと…
  3. unspecified (1)
    1月4日、とあるテレビ番組にて「明智光秀はその後南光坊天海(以下、天海)になった」と、する都市伝説が…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP