ワラジムシの生態と形態

ワラジムシも、多くのムシ類と同様にその形態から付けられた名称であり、体長は1センチ程度と小さいですが、茶褐色または灰黒色で7対14本の足がある形態が印象的な生き物です。
ワラジムシの近縁種にダンゴムシがありますが、ワラジムシは背面から見た場合に楕円形であり、刺激を与えてもボール状に丸くなる生態はありません。
また後ろに2本の尾肢が角のように伸びているように見えるのもワラジムシの形態的な特徴です。
ワラジムシの主な生態として、虫の死骸や有機物を食べ、基本的に夜行性であり、日中は植木鉢や石の下で休息しています。
単独行動を好む生態がありますが、時に集団発生しているように見え、不快に感じることが少なくないようです。
しかし人間に危害を加えることはありません。

被害の駆除方法

ワラジムシは類縁のダンゴムシと同様に、その形態から不快害虫のひとつに位置づけられていますが、ワラジムシは虫の死骸や菌類などを食べるため、人間に被害を与えることはありません。
またダンゴムシとは異なり作物などに被害を加えることもないとされています。
しかし集団で現れると不快に感じることがあるので、その場合には薬剤を使った駆除方法が効果的です。
なおワラジムシは湿気を好むので、家屋内や家の周辺の乾燥を保つと、ワラジムシを含めた様々な不快害虫の被害を防げると同時に駆除方法につながります。
さらにワラジムシの休息場所になりやすい植木鉢や石を放置せず、落ち葉や朽木などは適切に除去するとワラジムシの駆除方法として有効です。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_14260303_M
    お宅のトイレはどこにありますか。我が家は玄関の傍にあります。今まで住んだ家やアパート、友人宅などを考…
  2. pixta_5773870_M
    日本の電車は分単位の過密ダイヤです。それでも時間に遅れない!世界から賞賛されています。と…
  3. pixta_12975080_M
    12月4日、岐阜県は関ヶ原古戦場周辺を「日本遺産」に認定してもらうべく、来月にも文化庁に申請する方針…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP