レッドビーシュリンプの生まれる大きさ

レッドビーシュリンプの人気はとても高いものがあります。レッドビーシュリンプの人気の理由は様々なものが挙げられるのですが、まずはやはりその色柄でしょう。エビの一種ではあるものの、その色柄はエビとは思えないほど鮮やかなものとなっており、見ていて飽きない柄となっています。その柄が水面に映える姿は、熱帯魚マニアだけではなく、多くの人を魅了するのです。また、レッドビーシュリンプは飼育しやすい点も魅力でしょう。適水温は15℃から27℃とされていますが、これだけ温度の幅が広ければ、デリケートに飼育しなければならないほどではないでしょう。繁殖も一年中行われますから、増える楽しみが常にあるのもレッドビーシュリンプです。そんなレッドビーシュリンプ、生まれる大きさはどの程度なのかというと、とにかく小さいものです。一円玉よりも小さく、肉眼で確認するのが難しいレベルだったりするのです。そのため、幼児期の飼育は注意しなければならないでしょう。特にレッドビーシュリンプ以外の熱帯魚を同じ水槽で飼っている場合、エサになりかねませんので、その点だけは注意しなければならない点と言えるでしょう。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_15123333_M
    2016年1月15日の未明長野県軽井沢町にある国道18号線において東京からのスキー客を乗せた…
  2. pixta_18904551_M
    「京都」という言葉から連想するものといえば、「古都」「観光地」「世界遺産」など、文化都市としての側面…
  3. pixta_18790842_M
    11月14日、財形新聞の発表によると最も引っ越し回数が多いのは熊本県出身者との事ですが、引っ越しはと…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP