レッドビーシュリンプの抱卵

飼育しているレッドビーシュリンプが抱卵したら、どのような事をしたらいいのでしょうか。
レッドビーシュリンプは普通、抱卵から1ヶ月ほどで、卵を産みます。
抱卵したレッドビーシュリンプは、身体が透けているので見た目にも分かりやすく、お腹の中の卵を確認する事が出来ます。
レッドビーシュリンプが抱卵すると、水温を暖めたり、ソイルをいじった方が良いのではないかと考える方も多いですが、実際には、放っておくのが一番です。
これは、レッドビーシュリンプがとても繊細な観賞魚で、下手に人の手で水質環境を変えると、稚エビが育たないなどの問題が出て来てしまうためです。
ちなみに、抱卵している個体が多いと言う事は、水質が安定していていい状態にあるというサインですので、現状維持を心がけましょう。
ちなみに、抱卵している卵が茶色い場合もあると、すでに死んでいるのではないかと心配してしまいますが、卵の色が黒、赤、茶色と変わって行くのは、卵内部でレッドビーシュリンプが成長している証拠です。
死滅していると思って、取り除かないように注意しましょう。
さらに、稚エビは産まれてからしばらくは人口餌を食べれないので、稚エビの食べられる微生物を水槽内に増やして置く事をオススメします。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_5773870_M
    日本の電車は分単位の過密ダイヤです。それでも時間に遅れない!世界から賞賛されています。と…
  2. pixta_18904551_M
    「京都」という言葉から連想するものといえば、「古都」「観光地」「世界遺産」など、文化都市としての側面…
  3. pixta_13289720_M
    全国各地で秋真っ盛りとなっておりますし、21日から23日にかけては3連休という事もあって各地で賑わい…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP