レッドビーシュリンプのソイル

ソイルとは、レッドビーシュリンプなどの観賞魚用水槽の下にしく砂の事を指します。
普通の砂であれば、半永久的に使う事が出来ますが、質の高いソイルは、1年?1年半ごとにソイルを交換する必要があり、コストもかかります。
しかし、観賞魚の飼育を極めたいなら、このソイルは欠かせないものと言えるでしょう。
質の高いソイルは、レッドビーシュリンプの繁殖を助けるだけでなく、水の濁りを洗浄するバクテリアの増殖にも役立ちます。
さらに、見た目の面でも、黒いソイルを使うと、色とりどりの観賞魚が、さらに引き立てられます。
一般的には、2種類から3種類のソイルを使っている方が多いようです。
新しいソイルに入れ替える時には、すぐにレッドビーシュリンプを水槽にいれず、1日置いてカルキ抜きをしてから、数時間、水合わせと言って、レッドビーシュリンプに新しい水を馴染ませてから、水槽に戻しましょう。
今では、このソイルも一言では語れないほど沢山の種類がありますので、初めてレッドビーシュリンプを買い始める時には、「どれが良いのか分からない」という方が多いのが現状です。
繁殖用か、観賞用かによっても水質環境、ソイルの種類は異なるので、購入前にどんなソイルが合っているのかを調べておきましょう。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_18316047_M
    AKB48と言えば握手会です。2月11日にも横浜で握手会が行われました。ちなみにシングルCDでは握手…
  2. pixta_18790842_M
    11月14日、財形新聞の発表によると最も引っ越し回数が多いのは熊本県出身者との事ですが、引っ越しはと…
  3. pixta_5773870_M
    日本の電車は分単位の過密ダイヤです。それでも時間に遅れない!世界から賞賛されています。と…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP