pixta_6308475_M

ラッピングが苦手でもできる

■苦手な人でも少しずつ上達できる方法
上手くラッピングができる人を見ると?
羨ましいものです。
とはいえ不器用だから仕方がない?
諦めてはいけません。
もちろん練習に越したことはありません。
しかし苦手な人でも少しずつ上達できる方法はあります。
サプライズプレゼントができると嬉しいですね。

◆分解してみる
ラッピング上達法の第一は?
分解してみることです。
例えばプレゼントをもらった際、破いて捨ててはいけません。
もちろんその場で分解し観察していると?
ドン引きされてしまいます。
とはいえリボンは綺麗にほどきましょう。
テープも優しく剥がしましょう。
なぜと尋ねられたら?
大事にとっておきたいから!
答えて誤魔化しましょう。
独りになったら?
何回も包んだり解いたりして詳しく研究しましょう。
まずは真似てみることです。

◆強く押さえる
ラッピング上達法の第二は?
強く押さえることです。
例えばラッピングで大切なことは?
折り目を緩めないことです。
もちろん力を入れすぎると?
紙が破けることもあるでしょう。
その強弱がコツです。
なおラッピングが苦手な人にありがちなのは?
ラッピングがずれることです。
だからイライラします。
それでよけいにおかしくなるのです。
慣れるまでは広い作業スペースを確保することも重要です。

◆素材の特徴を知る
ラッピング上達法の第三は?
素材の特徴を知ることです。
例えば紙質は滑りやすいか?
折り目が付きやすいか?
破れにくいか?
またリボンの種類によって?
曲げても反発してしまうタイプもあります。
初心者は柔らかいものを選びましょう。
なお無駄に思うかもしれませんが?
ラッピング材料は多めに用意しましょう。
一発勝負だと?
緊張して失敗しがちです。
余裕をもって包んだ方が?
結果として綺麗になるものです。

◆イメージする
ラッピング上達法の第四は?
イメージすることです。
例えば包装紙を見た際に?
模様のどこを正面に持って来るべきか?
考えてみましょう。
またどの大きさのリボンをどこに付けるべきか?
実際にラッピングを始める前にレイアウトしてみましょう。
慣れるまでは?
いきなりやってはいけません。
場合によっては完成図を紙に描いておくのも一法です。

◆練習することです
ラッピング上達法は?
やっぱり練習することです。
もちろんラッピングする機会はそんなにないかもしれません。
しかし手先を鍛えておくことはできます。
お菓子の包み紙や割り箸の袋!
スーパーのポリ袋なども?
常に折りたたむ癖を付けましょう。
他人からは潔癖?
思われるかもしれません。
とはいえ意外な時に役立ちます。
またラッピングのアイデアが生まれることも稀ではありません。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. imasia_13183555_M
    元旦は、何かの目標を決めるのに良い日です。もちろん何かをスタートする際、雑学にこじつけて日を選ぶ…
  2. pixta_12975080_M
    12月4日、岐阜県は関ヶ原古戦場周辺を「日本遺産」に認定してもらうべく、来月にも文化庁に申請する方針…
  3. pixta_14260303_M
    お宅のトイレはどこにありますか。我が家は玄関の傍にあります。今まで住んだ家やアパート、友人宅などを考…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP