imasia_2012082_M

ヨトウムシの生態と形態

ヨトウムシはヨトウガと呼ばれる蛾の幼虫です。
日中は地中に隠れており、夜に活動する生態から夜盗虫(ヨトウムシ)と呼ばれるようになったようです。
ヨトウムシの基本的な生態は、地中においてさなぎの形態で越冬し、春に羽化、成虫になりキャベツやハクサイなどの葉の裏に産卵します。
晩春に孵化した幼虫はその後さなぎの形態で夏眠し、秋に羽化して卵を産み、秋野菜などを食害する幼虫がさなぎになり越冬する生態サイクルを続けます。
ヨトウムシの形態的な特徴として、若令時の体色は緑色ですが、成長に伴い褐色または灰黒色に変わります。
また老令幼虫は体長が4センチ程度になり、日中は土の中で丸まった形態で休息しているので、土いじりをしていると比較的発見しやすい虫です。


被害の駆除方法

ヨトウムシは夜行性なので駆除方法が難しい害虫のひとつです。
基本的なヨトウムシの駆除方法は殺虫剤の利用であり、オルトランなどが有効ですが、殺虫剤の利用時には、天敵などの益虫も殺してしまい、被害を逆に拡大させることがあるので注意が必要です。
ちなみにヨトウムシの生態として地中で休息していることが多いので、頻繁に除草を兼ねて土を掘り起こし、幼虫やさなぎを見つけて除去することも効果的なヨトウムシの駆除方法です。
また被害に遭った葉を直ぐに除去することもヨトウムシ対策として重要です。
なお畑やプランターを防虫ネットで覆うと、ヨトウムシの成虫であるヨトウガを含めた多くの害虫による産卵被害を防止できます。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_5773870_M
    日本の電車は分単位の過密ダイヤです。それでも時間に遅れない!世界から賞賛されています。と…
  2. pixta_15123333_M
    2016年1月15日の未明長野県軽井沢町にある国道18号線において東京からのスキー客を乗せた…
  3. pixta_12975080_M
    12月4日、岐阜県は関ヶ原古戦場周辺を「日本遺産」に認定してもらうべく、来月にも文化庁に申請する方針…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP