ヤスデの生態と形態

ヤスデはムカデと同様に足の多い形態的な特徴を持つ生き物ですが、ムカデとの形態的な違いとして、ムカデは体節1つごとに1対2本の足がありますが、ヤスデは倍脚類と呼ばれるように体節1つごとに2対4本の足があるのが特徴です。
ヤスデにも様々な種類がありますが、体長は2センチ程度です。
生態的な特徴として夜行性であり、落ち葉や菌類などを食べ、基本的におとなしい性質がありますが、驚くと体を丸めた形態で防御する生態を持ち、敵に教われると悪臭を放ちます。
この分泌物には毒性があるので注意が必要です。
なお日中は落ち葉や石の下など、湿気があり暗い場所で休息する生態があり、梅雨時に大量発生することも稀ではないようです。

被害の駆除方法

ヤスデは原則として人に被害を与えることはありませんが、偶発的にヤスデに出遭い刺激を与えると悪臭を放ちます。
この分泌物は毒性を有するので、被害に遭わないためには、無闇に触わらない方がよいでしょう。
ヤスデは湿気を好むので、梅雨時などに大量発生することがあり、外見上不快に感じることも多いので、その際には薬剤を利用した駆除方法が便利です。
つまりヤスデが屋内に侵入する被害を防ぐためには、家の周りに薬剤を散布すると効果的です。
また根本的なヤスデの駆除方法として、ヤスデが好む環境を作らないことが大切であり、特に床下を含めて家屋周囲を清潔、乾燥に保つことが重要です。
さらに落ち葉や朽木などを除去するとヤスデの駆除方法として最適です。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_18790842_M
    11月14日、財形新聞の発表によると最も引っ越し回数が多いのは熊本県出身者との事ですが、引っ越しはと…
  2. unspecified (1)
    1月4日、とあるテレビ番組にて「明智光秀はその後南光坊天海(以下、天海)になった」と、する都市伝説が…
  3. pixta_18904551_M
    「京都」という言葉から連想するものといえば、「古都」「観光地」「世界遺産」など、文化都市としての側面…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP