モグラの生態と形態

モグラは体長が15センチ程度で、体色は茶褐色、ネズミと形態が類似する小型哺乳類の一種です。
地中にトンネルや巣を作る生態を持ち、主食はミミズや虫類です。
形態的な特徴としてトンネルを掘るため前足がカギ状に大きく発達しています。
また地中生活に適応したため目が退化している点もモグラの形態的な特徴です。
さらに耳も外見上わかりづらくなっています。
なおモグラは大食漢なので常にエサを求めて動き回り、穴を掘り続ける!というイメージがありますが、どちらかというと既に構築されたトンネル内に侵入してくる虫類を待ち伏せする?というのが本当の生態のようです。
地中生活のため昼夜を問わず動き回るのもモグラの特徴的な生態のひとつです。

被害の駆除方法

モグラは地中に住むミミズや虫類を食べるので、直接私たちの生活に被害を与えることはありませんが、農耕地やゴルフ場などではトンネルができたり根が荒らされる被害が深刻です。
ちなみに日本国内に生息するモグラは鳥獣保護法で捕獲などが禁止されていますが、農業被害を防ぐ意味では捕獲が許されています。
そこでモグラの駆除方法は、まず巣やトンネルの存在を特定することです。
専門の業者ではモグラ捕獲器を利用した駆除方法を採用することがあります。
なおモグラは臭いに敏感なので、ナフタリンやクレゾールなどの激臭を伴う忌避剤を使うことも駆除方法として有効であり、モグラのエサになるような虫類を駆除することもモグラの駆除方法につながります。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_14260303_M
    お宅のトイレはどこにありますか。我が家は玄関の傍にあります。今まで住んだ家やアパート、友人宅などを考…
  2. pixta_5773870_M
    日本の電車は分単位の過密ダイヤです。それでも時間に遅れない!世界から賞賛されています。と…
  3. pixta_13289720_M
    全国各地で秋真っ盛りとなっておりますし、21日から23日にかけては3連休という事もあって各地で賑わい…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP