384021

ボランティアって誰でも出来るの?

熊本県と大分県で起きた大地震はまだまだ余震も続いていますが、4月28日には仮設住宅の受付を開始したり、災害認定する事によって資産価値を守るなど行政側にもいろいろな動きが出てきています。また、余震が続いている状態ではありますが、徐々にインフラも回復。となるとここからはボランティアの出番です。震災直後にいきなりボランティアが足を運んでも、正直「ありがた迷惑」となってしまうケースもあります。

ある程度落ち着いてきた今こそ、ボランティアは「必要とされているもの」です。自分自身も何か力に…という事で、ボランティアに参加してみたいと思っている人もいるかもしれませんが、どのようにして参加すれば良いのか実はよく分かっていないという人が多いのではないでしょうか。今回の熊本・大分の地震だけではなく、災害時にはボランティアの力が必要となりますが、ボランティアに参加する方法をまとめてみました。

現地のボランティアセンターに問い合わせてみる

このような災害が起きると、被災地でもボランティアを受け付けますので、そこに問い合わせてみると良いでしょう。事前に確認しておいた方が無難でがありますが、現地で「ボランティアをしたい」と告げれば案内してくれるでしょう。基本的にはいつでも受け入れてくれるのですが、被災の度合いによってボランティアの行うべき事だけではなく、必要とするボランティアも変わってきますので、やはり確認しておいた方が良いでしょう。

インターネット上から受け付けている所も

ボランティアをインターネット上から受け付けている所もありますので、まずはインターネットで調べてから申し込みをしてみるのも良いでしょう。この場合、インターネットからという手間がかかるかもしれませんが、ボランティアに関しては確実に行えます。

足を運んだのに「間に合っている」と言われるような事もなければ、現地でたらい回しにされるような事もないはずです。確実にボランティアで自分の力を被災地に役立てる事が出来ますので、こちらを活用してみると良いでしょう。被災地のボランティアセンター等で募集しているケースが一般的です。

派遣というスタイルもある

現地でボランティアを受け付けているのではなく、遠方からボランティアを派遣するケースもあります。東日本大震災の時などは、首都圏から被災地までボランティアが派遣されました。現地まで足を運ぶとなると、お金も手間もかかります。ボランティアはしたい。

でも現地までの足が…という人もいるでしょう。ですが、このスタイルを活用すれば現地までは行けないものの、力になる事が出来ますので、ボランティア派遣センター等を探してみるのも良いのではないでしょうか。

現地まで行くという手法は…

いきなり「とりあえず現地に行く」というスタイルはあまりお勧め出来ません。最低限ボランティアの受け入れを開始しているのかくらいは確認しておくべきです。もちろん気持ちはとてもありがたいものですが、被災直後などは、復興作業よりもまずは人命救助やライフラインの確保など、ボランティアが出来るような事があまりありません。役立ちたいという気持ちがあるのに申し訳ない言い方になってしまいますが被災直後に行っても役には立てません。

被災直後はいろいろと混乱していますので、ボランティアどころではありません。ですが、ある程度落ち着いた時にはボランティアの力がとても大切になりますので、力を発揮するのはその時です。力になりたいという気持ちであれば、力になれる時にこそ足を運ぶべきであって、混乱しているような時にはまだ足を運ぶべきではありません。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_15123333_M
    2016年1月15日の未明長野県軽井沢町にある国道18号線において東京からのスキー客を乗せた…
  2. pixta_18316047_M
    AKB48と言えば握手会です。2月11日にも横浜で握手会が行われました。ちなみにシングルCDでは握手…
  3. pixta_5773870_M
    日本の電車は分単位の過密ダイヤです。それでも時間に遅れない!世界から賞賛されています。と…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP