プラスチックの処分方法

プラスチックの処分は、普段どうしていますか。
これは、処分が必要なプラスチックの量によって異なります。
日常的に出る小さくて軽いプラスチックゴミなら、燃えるゴミとして焼却される事が多く、電化製品に使われているプラスチックなどは、燃えないゴミとして選別されています。
そして、ペットボトルなどは、リサイクルとしても回収されている為、プラスチックの処分方法だけでも、沢山の違いがあると言えるでしょう。
最近では、特にプラスチックのリサイクルの技術が上がって来ており、廃プラスチックを溶かして、ベンチや、コンテナなど、違うプラスチック製品として使う方法もあれば、廃プラスチックを科学的に分解して、化学原料として再生する方法もあります。
ただ、大きなプラスチックゴミの場合には、自治体によって対応が異なり、電化製品などは、リサイクルショップに直接売った方が、手間がかからず、環境にも優しいと言えるでしょう。
もちろん、故障もしていないプラスチック商品の場合には、貰い手を探すという方法もあり、無料ならネット上で貰い手を探すのは簡単だと言われています。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_18790842_M
    11月14日、財形新聞の発表によると最も引っ越し回数が多いのは熊本県出身者との事ですが、引っ越しはと…
  2. pixta_15123333_M
    2016年1月15日の未明長野県軽井沢町にある国道18号線において東京からのスキー客を乗せた…
  3. pixta_14260303_M
    お宅のトイレはどこにありますか。我が家は玄関の傍にあります。今まで住んだ家やアパート、友人宅などを考…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP