pixta_19454448_M

フランチャイズのビジネススタイルを考える

4月10、とあるインターネット上のまとめサイトでセブンイレブンのフランチャイズ営業に関しての「実態」がまとめられていました。フランチャイズ店になると、まずは毎日売り上げを本部に送らなければなりません。これは商品等を送ってもらっている以上、当然ではあるのですが、問題はここからです。より競争を煽るために、近くに本部直営のセブンイレブンをオープンするのです。

すると、同じ会社ではあっても「ライバル」になります。売上確保のためにあれこれしなければなりません。結果、自分の時間などなくなり、いわば本部に「搾取」されるかのような状態になるだけではなく、フランチャイズ契約を結ぶ際には保険契約で「残った財産はご自由に」といった条項まで突けられているとか。事実、まとめサイトの情報によるとセブンイレブンのフランチャイズ店、店長の自殺は珍しくないとの事。雑学がてら、一体なぜこのような状態になっているのでしょうか。

どこから利益を得るのかという話

ビジネスというのはお金を出す側とお金を受け取る側があります。セブンイレブンに限らず、フランチャイズを展開している所は、例えばセブンイレブンであれば「セブンイレブン」というブランドを名乗る事が許されますし、商品に関しても流通を手配し、常に新商品が本部から送られてくるのです。この点がフランチャイズの旨味ではあるのですが、一方では本部にとっては、顧客よりもフランチャイズ加盟のオーナーこそが「顧客」という側面を持っていると言われています。

フランチャイズに加盟したら、お店の品揃えをしっかりとしなければなりません。どこから購入するのかといえば本部です。少しでも欠品があれば「補充しろ」と言われますし、売れるか売れないか分からないような物でも本部から「仕入れておいた方が良い」と言われれば仕入れざるを得ません。セブンイレブンは過去最高益を記録していますが、本当に「消費者からの利益」なのかは分かりません。消費者ではなく、フランチャイズオーナー相手のビジネスとも言われているのはそのためです。

本部の意向が大切だからこそ

本部からすれば「看板を貸している」「いろいろと手配している」のです。言う事を聞いてもらうのは当然ですし、売上が悪ければそれなりに指導しなければならないのも当然です。つまり、「搾取している」という言葉など論外でしょう。もしもですが、お店が勝手を行い、フランチャイズ店の評判が下がるような事になってしま方が大問題です。

例えばセブンイレブンのフランチャイズ店が勝手にバーゲンセールを行ったり、お客に暴言を吐いても「セブンイレブンが~」という評判となってしまいます。ブランドイメージもあるのです。それなりに指導するのはある意味では当然です。それらが窮屈だと感じるのであれば、自分でお店を起こし、流通から何からすべて自分で手配する事になります。

ビジネスを理解した上で…

確かに、「搾取」というイメージを持ってしまうのは仕方ない部分もあります。実態を知れば知るほど、フランチャイズ契約があまり良いものではない。オーナーにとっては操り人形になるだけとの側面があるのも事実です。ですがそれらは契約前の段階で調べる事も出来ます。

ましてやビジネスである以上、「絶対」は有り得ませんし、昨今のコンビニ事情を見れば、周囲にまったくコンビニがないようなエリアであれば勝算はあるかもしれませんが、それでも「絶対」ではありません。フランチャイズであれば安易に「大丈夫だろう」と思ってしまうかもしれませんが、自分の身は自分で守りましょう。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. unspecified (1)
    1月4日、とあるテレビ番組にて「明智光秀はその後南光坊天海(以下、天海)になった」と、する都市伝説が…
  2. pixta_18790842_M
    11月14日、財形新聞の発表によると最も引っ越し回数が多いのは熊本県出身者との事ですが、引っ越しはと…
  3. pixta_12975080_M
    12月4日、岐阜県は関ヶ原古戦場周辺を「日本遺産」に認定してもらうべく、来月にも文化庁に申請する方針…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP