ハツカネズミの生態と形態

家ネズミ類の中でも小型のネズミはハツカネズミです。
形態的な特徴として体長は10センチ程度、体色は変化に富んでいます。
やや短毛の印象がある点もハツカネズミの形態的な特徴です。
一方生態的な特徴として昆虫や植物を好んで食べるので、どちらかというと屋外生活に適応しています。
ハツカネズミは、二十日で大人になる!というイメージがありますが、繁殖サイクルは他の家ネズミ類と同様に性成熟まで3カ月程度かかります。
夜行性である点もネズミ類特有の生態であり、単独または家族単位で行動する生態はハツカネズミの特徴です。
ちなみにハツカネズミは動物実験などで利用されるマウスであり、ドブネズミやクマネズミなどのやや大型の形態を持つ家ネズミ類はラットと呼ばれます。

被害の駆除方法

ハツカネズミは他の家ネズミ類に比べて体長が小さいため、被害の程度も小さめです。
また屋外生活を好むので、家屋内の被害よりも農作物や家庭菜園などでの被害の方が深刻です。
しかし冬期は家の中で越冬することがあるので、細かい隙間を作らない、隙間があれば適宜修繕することが被害対策として重要です。
基本的なハツカネズミの駆除方法は、他のネズミ類と同様に殺鼠剤の利用です。
特に屋外や農家の納屋、畜舎などではこの駆除方法が有効ですが、ペットや子供が口にしないような配慮が必要です。
なおハツカネズミは小型のネズミなので粘着シートも効率的な駆除方法になります。
ただしわなは学習により効果が長続きしないようです。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_18316047_M
    AKB48と言えば握手会です。2月11日にも横浜で握手会が行われました。ちなみにシングルCDでは握手…
  2. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…
  3. pixta_12975080_M
    12月4日、岐阜県は関ヶ原古戦場周辺を「日本遺産」に認定してもらうべく、来月にも文化庁に申請する方針…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP