imasia_379229_M

ハクビシンについて

ハクビシンと聞いて、直ぐに該当する生き物をイメージできる人は、相当の動物好きでしょう。
ハクビシンとは白鼻芯(心)と書き、食肉目(ネコ目)ジャコウネコ科の生き物です。
中国や東南アジアが原産ですが、明治期以降に日本へ持ち込まれ、現在は本州や四国の一部を中心に生息しています。
しかし通常は里山などにいるため、あまりお目にかかることはありません。
名前の由来の通り、ハクビシンは、鼻から頭頂部にかけて白い線が特徴的な生き物です。頭から尻までは60センチ強、尾が40センチ程度、体重は2キロ前後、一見するとネコ?と間違うかもしれません。
果実や昆虫、小動物を食べる雑食性の生き物であり、活動は主に夜間、そして樹上を巧みに動き回ります。
時に農作物の被害が知られていますが、日本では鳥獣保護法によって安易に野生動物を捕獲、殺傷することが禁じられているので、頭の痛い生き物のひとつです。
ハクビシンは家族を中心とした群れで行動すると考えられているため、集団発生!と勘違いされることもしばしばです。
昨今は東京の街中でも、生ゴミなどの餌を利用し、民家の屋根裏などで巣を作り繁殖しているハクビシンの事例が少なからず報告されています。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_15123333_M
    2016年1月15日の未明長野県軽井沢町にある国道18号線において東京からのスキー客を乗せた…
  2. pixta_18904551_M
    「京都」という言葉から連想するものといえば、「古都」「観光地」「世界遺産」など、文化都市としての側面…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP