ドクガの生態と形態

ドクガとは毒を持つ蛾の総称ですが、中でもチャドクガが有名です。
基本的なチャドクガの形態的な特徴は成虫の場合、体長1?2センチ、褐色で、羽に多くの黒い斑点があります。
一方でチャドクガの幼虫は、いわゆる毛虫の形態であり、体長2センチ程度、体色は茶褐色です。
ドクガは幼虫および成虫のいずれも毒を持っているので注意が必要です。
なおドクガの幼虫は樹木の葉を食べる生態があり、街路樹などに幼虫が群生しているのを発見することが多々あります。
またドクガは卵、幼虫、さなぎ、成虫という完全変態の生態サイクルを年2回繰り返し、幼虫の形態で越冬しますが、成虫は何も食べずに繁殖行動のみ行う生態が一般的です。

被害の駆除方法

ドクガはその名の通り毒を持つ昆虫であり、不用意に触ると毒針によって痒みを伴い、湿疹やアレルギー症状を引き起こす被害に見舞われることがあるので注意が必要です。
またドグガの幼虫は街路樹などの葉を食害するので、生育不良を起こしたり、時に大発生して樹木が枯れる被害を引き起こすこともあるようです。
さらに樹木の下を通る時に不快な印象を受けることも少なくありません。
基本的なドクガの駆除方法は薬剤の散布です。
そして1匹ずつ取り除くことも、有効な駆除方法のひとつであり、卵を発見するのがベストです。
なお毛虫の駆除に際しては毒を持つ毛が飛び散り被害を広げる可能性があるため、スプレー式の駆除方法は控えた方が安全です。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_18790842_M
    11月14日、財形新聞の発表によると最も引っ越し回数が多いのは熊本県出身者との事ですが、引っ越しはと…
  2. pixta_18316047_M
    AKB48と言えば握手会です。2月11日にも横浜で握手会が行われました。ちなみにシングルCDでは握手…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP