トビムシの生態と形態

トビムシは形態的に長く伸びきったノミのような印象があり、体長2ミリ程度、白っぽい体色や羽がない点もトビムシの形態的な特徴です。
原始的な昆虫と位置付けられており、その生態は不明な点も多いようです。
また形態上の特徴として腹部に2本の突起のようなものがあり、外敵に襲われた時、これを使って飛び跳ねて逃げる生態があり、ここからトビムシと呼ばれているようです。
トビムシの主なエサは腐った植物や菌類などとされ、不完全変態の生態サイクルを持ち、脱皮によって成虫にまで成長します。
なお直接交尾を行わず、クモ類のように精包を受け渡すような繁殖行動を行うこともトビムシの生態的な特徴です。

被害の駆除方法

トビムシは有機物を分解する一面があるのでどちらかというと益虫に分類することができます。
また毒もなく刺すこともないので直接的な被害を受けることはありませんが、見て不快な昆虫である点は変わらないので、駆除方法を考えるべき昆虫のひとつです。
時に集団発生することがあるので、トビムシが好みそうな環境、つまり湿気が多く落ち葉などがある状態を作らないことがトビムシの駆除方法として有効です。
なお一般的な殺虫剤や忌避剤を家屋周辺に散布することもトビムシを含めた不快昆虫の駆除方法として効果的です。
ちなみに家屋周辺の乾燥、清掃に努めることはシロアリの被害を防いだり、害虫による庭草の被害を防ぐ意味でも重要です。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_18316047_M
    AKB48と言えば握手会です。2月11日にも横浜で握手会が行われました。ちなみにシングルCDでは握手…
  2. pixta_13289720_M
    全国各地で秋真っ盛りとなっておりますし、21日から23日にかけては3連休という事もあって各地で賑わい…
  3. pixta_15123333_M
    2016年1月15日の未明長野県軽井沢町にある国道18号線において東京からのスキー客を乗せた…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP