テントウムシの生態と形態

テントウムシは甲虫類の一種であり、基本的にアブラムシなどの害虫を捕食する生態を持つ益虫です。
中でも形態的な特徴のあるナナホシテントウや赤い斑が2つあるナミテントウなどが一般的です。
一方でテントウムシの中にも、ニジュウヤホシテントウのように草食性の生態を持つ種類があり、これらは時にテントウムシダマシとも呼ばれ、害虫として位置付けられています。
テントウムシはいずれも卵、幼虫、さなぎ、成虫という完全変態の生態サイクルを持ち、多くの種では成虫の形態で石や落ち葉の裏などに集まって越冬する生態を持っています。
なおテントウムシは1センチ以下と小さな昆虫ですが、形態的な特徴が顕著なので畑地でも発見は容易です。


被害の駆除方法

ナナホシテントウに代表されるテントウムシは一般的に作物に被害を与えることはありません。
主なエサは作物に被害を与える害虫であるアブラムシです。
そのため畑作物や観葉植物などのアブラムシ対策として駆除方法を考える場合には、テントウムシを殺さないような工夫が必要です。
一方で同じテントウムシの仲間でも、ニジュウヤホシテントウなどは主にナス科植物に被害を与える草食性のテントウムシです。
こちらに対しては、適切な駆除方法を検討する必要があります。
基本的なテントウムシの駆除方法はオルトランやスミチオンなどの殺虫剤を散布することですが、できる限り、個体を見つけて捕獲する駆除方法を採用したいものです。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_16513349_M
    具体的かつ客観的なものは何か?統計などの数字かもしれません。しかし妻の収入が25万円増えたら…
  2. pixta_18316047_M
    AKB48と言えば握手会です。2月11日にも横浜で握手会が行われました。ちなみにシングルCDでは握手…
  3. imasia_13183555_M
    元旦は、何かの目標を決めるのに良い日です。もちろん何かをスタートする際、雑学にこじつけて日を選ぶ…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP