チェロがわかる

チェロは音の深みがあり、大人にも人気のある楽器のひとつです。しかし、チェロを美しく弾く為には、十分な練習が必要になりますし、数年チェロレッスンを取っていても、あまり上手くなっていないような感覚になる事も多いと言われています。特に、人前でチェロを演奏する時には、緊張して手が上手く動かない事もありますし、緊張が原因で、音がこわばってしまう事も多いそうです。緊張をほぐす為には、やはりイメージトレーニングが大切で、一人でチェロを弾いている時にも、ステージで演奏している情景を想像する事が大切です。また、チェロの強い音や、しっかりとした音程で音を出す為には、耳を鍛える事も大切で、ちょっとした音程のずれに気付くだけでなく、同じ章でも、何回も繰り返し練習するだけの根気強さが欠かせません。もちろん、大きな音と、しっかりとした音程を保つ為には、良い耳が必要ですし、普段からいいヘッドフォンや、コンポを使って音楽を聴くだけでなく、実際のコンサートに行く事も、良い音を知る上で重要です。さらに、チェロを練習する時には、メトロノームを使った方が、楽譜に沿った演奏をしやすいと言われています。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_18790842_M
    11月14日、財形新聞の発表によると最も引っ越し回数が多いのは熊本県出身者との事ですが、引っ越しはと…
  2. pixta_13289720_M
    全国各地で秋真っ盛りとなっておりますし、21日から23日にかけては3連休という事もあって各地で賑わい…
  3. pixta_18904551_M
    「京都」という言葉から連想するものといえば、「古都」「観光地」「世界遺産」など、文化都市としての側面…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP