セアカゴケグモの生態と形態

セアカゴケグモは名前の通りに黒地に赤い斑点という体色が形態的な特徴です。
ただしこれは成虫のメスのみであり、オスや子グモは褐色なので明らかに形態が異なります。
また体長はメスが1センチ程度ありますが、オスはその半分であり、体色と同様にオスとメスとでは形態が大きく違います。
セアカゴケグモは外来種ですが、1995年に初めて国内で確認され、現在は近畿地方を中心に生息域が拡大しています。
一方セアカゴケグモの生態的な特徴としてメスは神経毒を持っているので、不用意に触らない方が良いでしょう。
主なエサはアリやダンゴムシなどであり、小さな巣を作って虫を待つ生態があります。
熱帯原産なので日当たりが良く暖かい場所を好む生態も特徴的です。

被害の駆除方法

セアカゴケグモは毒グモの一種ですが、臆病な性質ということもあり重篤な被害は確認されていません。
しかし痛みやショック症状を示すことがあるので、咬まれた場合には医療施設で治療を受けることが大切です。
また屋外作業時には皮膚の露出を避けることが被害対策として重要です。
なお卵は薬剤に対して耐性が強いとされているので、セアカゴケグモの基本的な駆除方法は、見つけ次第捕獲することです。
さらに近隣の清掃や整理整頓に努め、セアカゴケグモが巣を作りやすい環境を無くすことも効果的な駆除方法になります。
ただしセアカゴケグモは近年確認された外来種であり特定外来生物に指定されているので、被害の拡大を防ぐために専門業者に駆除方法を依頼する方が安全です。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_18790842_M
    11月14日、財形新聞の発表によると最も引っ越し回数が多いのは熊本県出身者との事ですが、引っ越しはと…
  2. pixta_18904551_M
    「京都」という言葉から連想するものといえば、「古都」「観光地」「世界遺産」など、文化都市としての側面…
  3. pixta_18316047_M
    AKB48と言えば握手会です。2月11日にも横浜で握手会が行われました。ちなみにシングルCDでは握手…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP