スーパーのお得時間

デフレが続き給料が減る時代なので、日々の生活を何とか節約して乗り切りたいと思うのは自然な流れです。
昨今は携帯電話などの通信費が増加する傾向にあるので、家計費の中で最も節約できると考えられる食費を工夫したいものです。
そこで節約戦略の第一としてスーパーお得時間を利用する方法があります。
もちろん各スーパーは日替わりの特売を実施していますが、特にタイムサービスなどのスーパーお得時間を消費者は上手く活用すべきです。
ただしスーパーお得時間は、一見消費者のためのように感じられますが、店舗側としても顧客が来店することにより「ついで買い」してくれるチャンスが増えます。
またスーパーお得時間でお得気分に浸っている消費者がその浮いた分で別な商品を買ってくれると期待することもできます。
さらに集団心理による相乗効果もあるようです。
そのため節約志向の消費者はこの策略に乗らず、自分のペースで買い物をすべきです。
なお先の大地震に伴う節電対策として各スーパーは開店時間を早めて早朝割引などを実施するケースが多くなっているので、スーパーお得時間も変動します。
つまり節約に際しては様々な情報を素早く入手することも求められるのです。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. imasia_13183555_M
    元旦は、何かの目標を決めるのに良い日です。もちろん何かをスタートする際、雑学にこじつけて日を選ぶ…
  2. pixta_13289720_M
    全国各地で秋真っ盛りとなっておりますし、21日から23日にかけては3連休という事もあって各地で賑わい…
  3. pixta_18904551_M
    「京都」という言葉から連想するものといえば、「古都」「観光地」「世界遺産」など、文化都市としての側面…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP