ストリートビューについて

インターネット検索エンジン大手のグーグルが展開するサービスのひとつにストリートビューがあります。ストリートビューは世界各地の道路状況を実際にカメラで撮影した究極のカーナビシステムと言えるかもしれません。通常のカーナビとは異なり、ストリートビューではリアルな建物や家の形がわかるので知らない街を訪ねる時には重宝しますが、現実の映像を利用しているので、時に悪用されることがあります。典型的な悪用事例は、家の色や構造がわかるので、泥棒を計画するのに使われます。なお通行人や車のナンバープレートなどはモザイクがかけられていますが、それでもプライバシーの一端を明らかにすることができ、特に車の車種や色は明確なので、著名人のケースではこの情報が悪用される可能性があります。また画像としての個人情報はビジュアル時代において非常に悪用しやすいのも事実でしょう。ちなみにストリートビューの作成に際して著作権や肖像権の侵害という問題がある一方で、ストリートビューの映像を使う際にも著作権が絡んでくるので、自分が悪用した!とされないようにするためにも、ストリートビューを含めてインターネット上の情報を利用する際には注意が必要です。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…
  2. pixta_12975080_M
    12月4日、岐阜県は関ヶ原古戦場周辺を「日本遺産」に認定してもらうべく、来月にも文化庁に申請する方針…
  3. pixta_16513349_M
    具体的かつ客観的なものは何か?統計などの数字かもしれません。しかし妻の収入が25万円増えたら…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP