スキューバーダイビングインストラクターについて

自然を謳歌できる仕事の中で昨今人気が高まっているものにスキューバーダイビングインストラクターがあります。特に海が好きな人であれば、スキューバーダイビングを趣味として楽しみたいものでしょうが、その歓心が行き着いてしまえば、スキューバーダイビングで生活したい!という気持ちも当然です。ではスキューバーダイビングインストラクターの取得方法にはどのようなものがあるのでしょうか?基本的にスキューバーダイビングインストラクターは国家資格ではなく協会認定資格です。極論を言えば、スキューバーダイビングインストラクターに資格は不要です。しかしどこかの団体に所属して働くのであれば、認定資格の提示が求められるようです。そこで実質的なスキューバーダイビングインストラクターの取得方法は、どこかのダイビングスクールに通うことです。それまでのダイビング経験によって取得方法は異なりますが、最短で3日間コース?があります。一方海外活動も視野に入れるのならば、外国での取得方法を考えるべきでしょう。例えばハワイなどで実施される講習会に参加するのが現実的な取得方法になります。ただし講習費用は様々なので、事前に十分確認しましょう。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_18316047_M
    AKB48と言えば握手会です。2月11日にも横浜で握手会が行われました。ちなみにシングルCDでは握手…
  2. pixta_15123333_M
    2016年1月15日の未明長野県軽井沢町にある国道18号線において東京からのスキー客を乗せた…
  3. pixta_5773870_M
    日本の電車は分単位の過密ダイヤです。それでも時間に遅れない!世界から賞賛されています。と…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP