imasia_9507630_M

クレカはやっぱ節約の必需品

節約するには、やはり必要経費たるものでも、抑えられる限り抑えるのは絶対条件で、近頃は、こまめに電気を消すという習慣がすっかり身に付かれた方も多い事でしょう。
勿論、それは実に素晴らしい事!
これからも頑張って続けるべしです。

とは言え、やはり生活して行く以上、多くの節約には限界というものがあります。
それを超えるような無理は逆に危険で、特に猛暑の日に、エアコンを止めて熱中症になるなどというのは頂けません。
また、薄暗い部屋でテレビを見たり、本を読んだりして目を悪くするのも、冬場に暖房をケチって風邪を引くなどというのも同様で、こういうのを本末転倒と言うのであります。

ですから、大事な事は、最低限必要な経費は致し方がないと割り切って使う事!
しかも、電気やガスを使った上で、少しでも得をするという形に持って行ければ、結果的には節約しているのだと捕らえても許されるのではないでしょうか?

そこで、出番となるのがクレジットカードなんですねぇ!!
例えば、100円の利用で1ポイントが付与されるカードを持っていて、それで1万円の電気代を支払ったとします。
すると、100ポイント貯まる訳ですから、それを後で1ポイント1円として買い物などに使えるのであれば、これは100円分経費節減したのと同じ事になるのではないかという見解です。
特に光熱費や通信費のように、毎月ある程度まとまった金額を支払わなければならないものに大使、クレカを利用すれば、年間で5,000円や6,000円分のポイントを貯める事くらい朝飯前というご家庭も少なくない事でしょう。

という事で、やっぱり今の時代を賢く生き抜くためには、クレジットカードは必需品と言っても過言ではありません。
とは言え、どうしてもカードを持つと無駄遣いをしてしまうとか、それが祟って、クレカ自体を持つ事が出来ないとおっしゃる方もおられます。
ですので、そういう方に是非お勧めしたいのが、インターネットバンキングのキャッシュカードと一体化されたようなデビットカードで、これなら、口座残高以上の使用は出来ませんし、ブラックリストに顔を出しているような方でも作れて有り難いというもの!

確かに、デビットカードの使えない公共料金支払いもあるにはあるのですが、それでも、通常のショッピングや外食、レジャーなどでは、ほぼ問題なく、正規のVISAやJCBと全く同じ形で利用出来ます。
唯一異なる点と言えば、それこそ、引き落とし口座に支払額以上の残高がなければエラーが出る事で、時に恥を掻く事になるかも知れませんが、逆に、しっかりと自己管理や節約が出来る事でしょう。
加えて、JCBの場合は、比較的柔軟性に優れ、visaデビットが使用不可の公共料金の引き落としや高速道路料金などの支払いも出来るのであります。
そして、クレカとしてのポイントもがっつり貯められますから、現状に関わらず、節約家としては、デビット大好きで行くべきなのかも知れませんね。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_13289720_M
    全国各地で秋真っ盛りとなっておりますし、21日から23日にかけては3連休という事もあって各地で賑わい…
  2. unspecified (1)
    1月4日、とあるテレビ番組にて「明智光秀はその後南光坊天海(以下、天海)になった」と、する都市伝説が…
  3. pixta_18316047_M
    AKB48と言えば握手会です。2月11日にも横浜で握手会が行われました。ちなみにシングルCDでは握手…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP