クマネズミの生態と形態

屋根裏などの高いところを好む家ネズミの一種はクマネズミです。
クマネズミは高層化する近年の住宅事情にも適応できる生態を持っています。
クマネズミの形態的な特徴として、尾が体長より長い、耳が大きいなどがあり、これらが類縁のドブネズミと見分ける形態的なポイントです。
その他の形態的な特徴として、体長は20センチ弱、背側は褐色または黒色で腹側は黄褐色または白色です。
クマネズミの主な生態は、基本的に雑食性ですが、どちらかと言うと草食系です。
夜行性である点もクマネズミの生態的特徴と言えるでしょう。
さらにネズミ類特有の早熟性がありますが、1回のお産では6匹程度の子供を産むとされ、他のネズミ類に比べるとやや少なめです。

被害の駆除方法

クマネズミはどちらかと言うと草食系なので、家庭菜園や農耕地で被害を受けることがあります。
また屋根裏を動き回り、安眠を妨げられることが多々あります。
さらにクマネズミは高所が得意なので、家屋内を動き回り、時に電気の配線等を齧るなどの被害を蒙ることがあります。
基本的なクマネズミの駆除方法は殺鼠剤の利用ですが、近年は殺鼠剤に耐性を持つ個体群が現れているようです。
一方でクマネズミは人間の食べ物をエサとするので、食品管理に努めることも、クマネズミの被害を防ぐ意味では重要です。
なお専門業者に依頼してわなを仕掛けたり、巣を特定してもらうこともクマネズミの駆除方法として有効であり、動き回る生態を利用して粘着シートを利用した駆除方法もあります。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_5773870_M
    日本の電車は分単位の過密ダイヤです。それでも時間に遅れない!世界から賞賛されています。と…
  2. pixta_16513349_M
    具体的かつ客観的なものは何か?統計などの数字かもしれません。しかし妻の収入が25万円増えたら…
  3. pixta_13289720_M
    全国各地で秋真っ盛りとなっておりますし、21日から23日にかけては3連休という事もあって各地で賑わい…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP