カード情報について

社会人ならばクレジットカードの1枚は持ちたいものですが、クレジットカードの管理には十分注意する必要があります。最近のクレジットカードにはICチップが埋め込まれており、このチップの中には様々なカード情報が入力されていますので、紛失などによる悪用に用心することが大切です。カード情報悪用の典型的な事例は、本人に成りすましてクレジットカードで買い物されることです。また特殊な装置を使って購買履歴を盗み出すなどのカード情報悪用事例もあります。さらにカード情報悪用事例として、本人の個人情報が知られてしまうなどプライバシーが侵害されることもあります。なおより大規模なカード情報悪用事例として、カードを通じてサーバにアクセスして、カード会社の情報を盗み出されることがありますので、カードの管理には細心の注意を払い、自分だけの問題ではないので、紛失した場合には速やかに警察とカード会社に届けることが大切です。ちなみに情報漏洩などのカード情報悪用事例の多くは内部犯行であるとのデータもありますので、コンピュータ社会と言えども、デジタル的な管理と同様に、社員に対する人的・アナログ的な管理や対応も重要であることに変わりはありません。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_12975080_M
    12月4日、岐阜県は関ヶ原古戦場周辺を「日本遺産」に認定してもらうべく、来月にも文化庁に申請する方針…
  2. pixta_15123333_M
    2016年1月15日の未明長野県軽井沢町にある国道18号線において東京からのスキー客を乗せた…
  3. unspecified (1)
    1月4日、とあるテレビ番組にて「明智光秀はその後南光坊天海(以下、天海)になった」と、する都市伝説が…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP