カラスの生態と形態

カラスは身近な鳥のひとつです。
形態的に同じように見えますが、カラスにもいくつかの種類があり、日本で普通に観察されるカラスは、ハシブトガラスとハシボソガラスの2種です。
両者の形態的な違いは、くちばしの太さですが、いずれも体長は50センチ程度、体色は黒なので、一見してその形態から見分けるのは困難です。
カラスは賢い生き物として、一方で狡賢い例えとして使われることがあり、実際にその生態は不思議なことが多くありますが、基本的なカラスの生態は雑食性であり、時にハシブトガラスの方が肉食性は強い傾向にあるとも言われ、街中で多く見かけるのはハシブトガラスのようです。
社会集団を作って行動する生態もありますが、春の子育ては一夫一婦制です。


被害の駆除方法

カラスは賢い鳥であり、視覚が優れているため、街中では透明のビニール袋に入れた生ゴミなどを漁る被害に遭うことが多々あります。
また春の子育て時に、人間が知らずに巣に近づいて親鳥に突かれる被害が報告されます。
さらにカラスは遊びが好きなので、線路の置き石事件や、学校の石鹸が盗まれる被害など、カラスに関する逸話には枚挙に暇がありません。
一方でカラスは鳥獣保護法で捕獲などが禁止されているので駆除方法に苦慮しますが、基本的なカラスの駆除方法は、ゴミ袋にネットをかけるなどの管理をして、カラスにエサを与えないことです。
カラスは知能が発達しているので、案山子や銃声などの脅しは駆除方法として通用せず、逆に遊びに利用されてしまいますのでご注意ください。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. imasia_13183555_M
    元旦は、何かの目標を決めるのに良い日です。もちろん何かをスタートする際、雑学にこじつけて日を選ぶ…
  2. unspecified (1)
    1月4日、とあるテレビ番組にて「明智光秀はその後南光坊天海(以下、天海)になった」と、する都市伝説が…
  3. pixta_13289720_M
    全国各地で秋真っ盛りとなっておりますし、21日から23日にかけては3連休という事もあって各地で賑わい…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP