カミキリムシの生態と形態

カミキリムシは甲虫の一種であり、世界中に様々な種類が分布しています。
名前の通り髪を切る(噛み切る?)強い顎が特徴であり、イモムシのような形態を示す幼虫は鉄砲虫とも呼ばれ、樹木の害虫として忌避されています。
カミキリムシはその種によって生態や形態が大きく異なり、小さいものは1センチに満たないものもありますが、数センチ程度の種類も多くあります。
また成虫の長い触角や背面(前羽)にある模様が形態的な特徴とも言えるでしょう。
基本的なカミキリムシの生態は卵、幼虫、さなぎ、成虫という完全変態の生態サイクルを通常年1回行い、さなぎの形態で越冬します。
一方で成虫は花の蜜や樹液をエサとしていることが多いようです。

被害の駆除方法

カミキリムシは、幼虫が樹木を食害する農業害虫のひとつです。
穴を開けて植物を弱らせるという被害を与える一方で、食害された穴によって材木としての商品価値を失うという被害も甚大です。
さらにカミキリムシは線虫類を媒介し樹木の病気を引き起こす被害を与えることも稀ではありません。
基本的なカミキリムシの駆除方法は殺虫剤の利用です。
小規模の被害であれば、幼虫を見つけ出して逐一除去したり、穴に薬剤を注入する駆除方法もあります。
特にカミキリムシの産卵を防ぐことが大切なので、晩春から初夏にかけて駆除方法を徹底することが重要です。
ちなみに近年は天敵の一種であるカビやウイルスを利用した生物農薬による駆除方法も検討されているようです。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. unspecified (1)
    1月4日、とあるテレビ番組にて「明智光秀はその後南光坊天海(以下、天海)になった」と、する都市伝説が…
  2. pixta_5773870_M
    日本の電車は分単位の過密ダイヤです。それでも時間に遅れない!世界から賞賛されています。と…
  3. pixta_18316047_M
    AKB48と言えば握手会です。2月11日にも横浜で握手会が行われました。ちなみにシングルCDでは握手…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP