オサムシの生態と形態

甲虫の一種であるオサムシは、マイマイカブリ、ハンミョウ、ゴミムシなどが近縁の昆虫であり、その一般的な形態が類似しています。
頭部、胸部、腹部が明確に分かれて見え、特に腹部が膨らんでいる点がオサムシの形態上の特徴でもあり、前羽があるように見えますが、後羽が退化し事実上飛ぶことができないオサムシの種類が多く、生態として地上を素早く歩き回ることが多いようです。
甲虫なので卵、幼虫、さなぎ、成虫という完全変態の生態サイクルを繰り返しますが、幼虫はミミズ食、昆虫食などエサの範囲が限定されていることが多いので、成長が遅いのもオサムシの生態的な特徴です。
オサムシは種類により形態も異なり、色鮮やかなオサムシも珍しくありません。

被害の駆除方法

街中でオサムシを見ることはあまりないので、オサムシの駆除方法について考えることはありません。
またその食性が幼虫時はミミズや蛾の幼虫など、成虫になると昆虫やカタツムリなどの肉食であるため、特に農作物に被害を与えるケースも少ないようです。
ただしオサムシはエサを捕獲するための毒液を持っており、不用意にオサムシを捕まえようとするとその毒液の分泌を受け軽い火傷のような被害を受けることがあるので注意が必要です。
なお不快害虫としてのオサムシの駆除方法は、市販の殺虫剤や忌避剤を家の周辺に散布することであり、発見次第殺虫剤を噴射することも基本的なオサムシの被害対策、そして駆除方法として有効です。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_18790842_M
    11月14日、財形新聞の発表によると最も引っ越し回数が多いのは熊本県出身者との事ですが、引っ越しはと…
  2. pixta_14260303_M
    お宅のトイレはどこにありますか。我が家は玄関の傍にあります。今まで住んだ家やアパート、友人宅などを考…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP