アマガエルの生態と形態

日本で一般的にカエルと言うと、ニホンアマガエルをイメージするようです。
ニホンアマガエルの基本的な形態は、背側が黄緑色、腹側は白色、体長は3センチ程度であり、生きた虫類を食べる生態があります。
子供はよく知られているようにオタマジャクシであり、体色は茶褐色です。
体色が黒い類縁のヒキガエルとは形態的に見分けが可能です。
アマガエルは幼生と大人で形態や生態が大きく異なる典型的な両生類の一種です。
ニホンアマガエルは樹上生活にも適応し、乾燥にも比較的強いので、時に街中でも見かけることがありますが、水田や池などのように流れの少ない水辺を好む生態があるので、近年のような環境の変化により、アマガエルの生息数が減少しているとの危惧があるようです。


被害の駆除方法

最近は水田や池などのアマガエルが好む場所が減ってきたので、オタマジャクシやカエルを捕まえる機会が少なくなりました。
カエルは基本的に虫類を捕食する生態を持つため、人間にとって有益な存在です。
そのため強いてアマガエルによる被害を考えるならば、鳴き声がうるさいことでしょう。
またカエルが生理的に嫌いな人にとって、突然目の前に現れる被害?を蒙ることもあるようです。
原則としてアマガエルの駆除方法を考える必要はなく、逆に水田などで安易に雑草や害虫の駆除方法が採用されたことにより、アマガエルの生息範囲が減少してしまうという被害が出ています。
しかし近年はアマガエルに影響のないような害虫駆除方法が検討されつつあるようです。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_18316047_M
    AKB48と言えば握手会です。2月11日にも横浜で握手会が行われました。ちなみにシングルCDでは握手…
  2. imasia_13183555_M
    元旦は、何かの目標を決めるのに良い日です。もちろん何かをスタートする際、雑学にこじつけて日を選ぶ…
  3. pixta_12975080_M
    12月4日、岐阜県は関ヶ原古戦場周辺を「日本遺産」に認定してもらうべく、来月にも文化庁に申請する方針…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP