pixta_14969448_M

これからのゲーム業界はどうなるのか3つのポイント

12月15日付で「メタルギア」シリーズのクリエーター、小島秀夫氏がコナミを退社する事になりました。新会社を設立するとの事ですが、小島秀夫氏は日本国内よりもむしろ世界的に認められているクリエーターで、この度の退社によってゲーム業界の勢力図そのものさえ変わるのではないかとさえ言われています。
ゲームは誰もが楽しんでいるものですが、ゲーム業界の事は実はよく分かっていないという人も多いかもしれません。
そこで、雑学チックではありますがこれからのゲーム業界がどうなるのかのポイントをいくつか挙げてみるとしましょう。

・スマホゲームの限界
家庭用ゲーム機市場はスマホゲームによって侵食されたとも言われている一方、スマホゲームにも限界が見えつつあります。
ゲームそのものは無料でダウンロードしてもらい、課金してもらう。この手法のおかげで家庭用ゲーム機よりも利益率が高い事から、有名メーカーまでもがスマートフォンのアプリに参入するようになりました。
一方でスマートフォンのアプリそのものが多くの人が「課金はしない」とも思っており、一部のヘビーユーザーが課金する事に対しての辟易感や、どれもフォーマットやテンプレートが同じで表現方法が異なるだけだという事に気付きつつあり、スマートフォンのアプリも縮小傾向が見られます。

・グラフィック依存からの脱却
そもそもスマートフォンのアプリがここまで台頭したのは無料でダウンロード出来る点もありますが、家庭用ゲーム機がグラフィック偏重となっていき、ゲーム性そのものはそこまでではない。つまり、ゲームというよりもまるで映画を見せられているかのような娯楽へと変わりつつありました。
ですがユーザーがゲームに求めているのはグラフィックの素晴らしさではなく、ゲーム性です。人気スマートフォンアプリ、「パズドラ」は、グラフィックはそこまでではありません。ですがシンプルなゲーム性で高い人気を集めています。
そのため、グラフィックを売りにするのではなく、ゲーム性でユーザーの心を掴む事が求められています。

・家庭用ゲーム機の開発費
家庭用ゲーム機も高性能なものになっています。ですが、そのおかげで家庭用ゲーム機の能力に見合ったゲームを開発しようとすると、制作メーカーの開発費が高くなってしまいます。
この悪循環をどのようにして断ち切るのか。それが出来ればゲーム業界のイニシアチブをスマホアプリから取り戻す事が出来るはずです。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_5773870_M
    日本の電車は分単位の過密ダイヤです。それでも時間に遅れない!世界から賞賛されています。と…
  2. imasia_13183555_M
    元旦は、何かの目標を決めるのに良い日です。もちろん何かをスタートする際、雑学にこじつけて日を選ぶ…
  3. unspecified (1)
    1月4日、とあるテレビ番組にて「明智光秀はその後南光坊天海(以下、天海)になった」と、する都市伝説が…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP