かんざしの使い方

私も何年か前の旅行先ですすめられて初めて使ったのですが、慣れればこれがとっても簡単で便利。あんまり素敵なのでいつもなら買わない値段のかんざしをお土産に買って帰った思い出があります。基本の使い方は、まず、髪をひとまとめにして、その上にかんざしを置くところから。つづいて、かんざしに髪を下から上に巻きつけていきます。巻きつける量は、長さや毛量によって異なるので、何度か試してコツをつかんでくださいね。さらに、毛先をもったまま、かんざしの先を少し頭皮に近づけて、最初に置いたのとは逆側(右利きの人ならたぶんほとんど左側)から差し込みます。これで基本は完成。もしうまくいかないようならば、髪を先におだんごにしてからかんざしをさしてみたり、ワックスやムースなどをなじませてからやってみたり、Uピンなどの力を借りてみても良いです。ある程度の長さがあって、毛量が多すぎなければ、かんざしだけで十分留めることができるので、ぜひ練習してみてくださいね。調べてみると、動画でもたくさん紹介されているのでよくわからない人はぜひ動画も見てみましょう。あとは練習あるのみです。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_18904551_M
    「京都」という言葉から連想するものといえば、「古都」「観光地」「世界遺産」など、文化都市としての側面…
  2. pixta_18790842_M
    11月14日、財形新聞の発表によると最も引っ越し回数が多いのは熊本県出身者との事ですが、引っ越しはと…
  3. imasia_13183555_M
    元旦は、何かの目標を決めるのに良い日です。もちろん何かをスタートする際、雑学にこじつけて日を選ぶ…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP