pixta_15862078_M

いまさら聞けない!お墓に関する3つの悩み

時代が変わるのはわかります。.
とはいえお墓に対する考え方まで変わるとは?
ご先祖様も思っていなかったでしょう。
昨今では地方に代々伝わるお墓をどうするか?
悩んでいる人も多いようです。
今の60歳以上は、やはりしがらみがあるのでしょう。
しかし40歳くらいから?
お墓や先祖、そして家族に関しても違った感覚を持ち始めています。
ならば自分の代でお墓にケリをつけましょう。

 

■法的にお墓は必要ない

そもそもお墓は必要なのでしょうか。
日本では火葬が一般的です。
そして残った骨を骨壷に入れ、お墓に収めます。
とはいえ土葬を禁止する国の法律はありません。
しかし伝染病の関係から、
一部の自治体では土葬を条例で禁じています。
もちろん土地の問題があるので、火葬は効率的ですね。
このように遺骨をお墓に納めなければならない?
具体的な法律はありません。
なお「墓地、埋葬等に関する法律」
いわゆる墓埋法でも、明確に規定しているわけではありません。
ただし埋葬するなら墓地にしろ!とは定めています。
すなわち法律面からは、お墓は必要ないんです。

 

■お墓は見栄の顕現です

何故お墓があるのか?
もちろん伝統文化です。
墓埋法でも国民感情を重視しています。
だから時代と共に変わるのです。
ではお墓とは何か?
葬儀も同じですが、見栄の顕現です。
立派なお墓だね!
そういうことです。
一部のキリスト教徒などを除けば、
日本のお墓はお寺にありますが、
宗教とは関係ありません。

 

■お墓に関する悩みとは

多くの人が思っているお墓の悩みについて考えてみましょう。
気軽に他人へは相談できませんね。
変な人に相談すると?
逆に大変なトラブルへ発展するかもしれません。

 

1.先祖のお墓を始末したい

お墓があるから死ぬに死ねない?
変な話ではあります。
子供達に負担をかけたくないですね。
先祖のお墓を始末したい!
具体的にはどうするか。
例えば墓埋法では、改葬という方法があります。
つまりお墓を移すことです。
手続きは、お墓がある市区町村で改葬許可書を発行してもらいます。
関係書類はネットからダウンロードできます。
必要事項を、自分およびお墓を管理しているお寺
もしくは管理事務所が記入します。
ここで問題になるのは、移送先です。
とはいえ自宅で保管することを認めている自治体もあります。
まずは相談してみましょう。
後は墓石をどう処分するかです。
専門の業者に問い合わせてみましょう。

 

2.近くでお墓を探したい

自分のお墓をどうするか?
悩んでいる人も多いようです。
生涯未婚で過ごす人も増えています。
地方のお墓へ入ることにも抵抗があります。
一方で旦那とお墓まで一緒になりたくない!
そんな奥さんも少なくないようです。
ならば近くでお墓を探しましょう。
とはいえ「墓地」を調べると?
やはり車で1時間くらいの距離になります。
そこで今なら納骨堂という手段があります。
例えば街中のお寺であれば、
そもそも墓地を作る土地もありません。
骨壷だけを預かってもらう!
そんな方法が注目されています。
専門業者もありますよ。

 

3.そもそもお墓はいらない

究極には、お墓はいらない!
本当に散骨はできるのでしょうか。
現状の法律では、遺骨は廃棄物になります。
勝手に撒いてはいけません。
テレビなどでも紹介されますが、海への散骨は?
撒けるのは一部のみです。
残りは骨壷などに入れて自宅で保管しなければなりません。
時代に法律が追いついていないのが現状です。
そこで自治体も考えています。
墓石を立てず、決められた木の根元に遺骨を埋める!
新しいサービスを考え出しています。
とはいえ根底にあるのは土地問題です。
それに国民感情もからんできます。
老後はそういったサービスが行き届いた場所に住みましょう。

 

■お墓に定価はありません

お墓があるお寺に改葬の話をすると?
断られたり高額な費用を請求するケースもあるようです。
葬式でもありがちですが、言い値で払ってしまいますね。
そもそもこれらには定価はありません。
最終的には弁護士と相談するという方法が有効です。
とはいえ値切れるだけ値切りましょう。
自分で自信がなければ?
強く言える人にお願いしましょう。
人生の最後です。
悔いのない形で収めましょう。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. pixta_15123333_M
    2016年1月15日の未明長野県軽井沢町にある国道18号線において東京からのスキー客を乗せた…
  2. pixta_12975080_M
    12月4日、岐阜県は関ヶ原古戦場周辺を「日本遺産」に認定してもらうべく、来月にも文化庁に申請する方針…
  3. pixta_5773870_M
    日本の電車は分単位の過密ダイヤです。それでも時間に遅れない!世界から賞賛されています。と…

ピックアップ記事

  1. -shared-img-thumb-PAK23_soudapon20140503_TP_V
    会議室ではアイデアが出ない!長い会議に皮肉を込めて言われることがあります。ならばどこにいれば…
  2. 14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s
    5月5日、京都のパルスプラザで行われていた乃木坂46の握手会で警察が出動する騒ぎがあり、何人か連行さ…
  3. pixta_11447607_M
    舛添要一東京都知事の周辺が慌ただしくなっています。多額の税金を使っての海外視察。本人はいろいろと弁明…

過去の記事

PAGE TOP